kaiだらけでごめん 海ちゃんのお気楽生活
>>海ちゃんと小さなお山へ   メニューから該当の月をクリックしてね 最新のページへ 
河口湖一泊旅行                         2018/06/17〜18
一昨年(2016年9月)、kaiちゃんと河口湖へ旅行した時のことを時々思い出します。
その時は曇り空で、一度も富士山を見ることができませんでした。
そのリベンジというわけではないけれど、思い付いて出かけてきました。
朝、まずは国道139号沿いの「道の駅なるさわ」に到着しました。
最初は雲に覆われていたのに、段々と晴れて来て、富士山が顔を出しました。
道の駅にある食堂の窓から広がった景色です。

今日は富士山を見に三湖台まで軽いハイキングの予定です。
けれども、この旅行で富士山を見られたのはこの一瞬だけでした。
うーん、後になって写真をちゃんと取っておかなかったことをさんざん後悔しています。カメラは車の中に置いていたので、この写真はipadで撮ったものです。
道の駅での朝食です。欲張ってお蕎麦と炊き込みごはん。限定10食と書いてあって、こういうのに弱いのです。
幸運なことに、富士山を眺めながらの朝ごはんです。

お腹いっぱいになって、この後には曇ってしまうことも知らずに、張り切ってハイキングに出かけました。
富士山の北側、裾の末端の河口湖近くにある小さな山、足和田山に向かう途中の広い台地が「三湖台」です。
富士山を眺める絶好の場所です。

紅葉台ドライブインの駐車場に車を停めて、歩き出すとすぐに馬舎があります。木曽馬牧場と看板がありました。
足和田山まで、車道が続いています。といってもぼこぼこの道ですけれど。
車道をそれて、東海道自然歩道を歩きます。
使い込んだリュックにkaiちゃんの黄色い鈴と私の熊よけ鈴の両方を付けています。
kaiちゃんの鈴はモンベルのもの、いつもカラーに付けて一緒に山登りしていました。私のはブラスワンという工房の真鍮製ベルで、高音の音色がとてもきれいな鈴です。
夏真っ盛りの緑のトンネルの中を緩やかに登って行きます。
空は真っ青です。この時には絶景の富士山を楽しみに登って行きました。
この白い花はなんという?
帰ってから調べたのですけれど、「ハクウンボク」でしょうか?
いつも帰宅してから調べるのですけれど、どうも図鑑の写真と一致しないことが多くて、わからずじまいに終わってしまいます。
1 ページ (1-5)
次ページ 12345
HOME

プロフィール
成長記録
足あと
Links
ひとりごと
気まぐれ
JOY
■お気楽生活[2005年]0歳〜1歳
■お気楽生活[2006年]1歳〜2歳
■お気楽生活[2007年]2歳〜3歳
■お気楽生活[2008年]3歳〜4歳
■お気楽生活[2009年]4歳〜5歳
■お気楽生活[2010年]5歳〜6歳
■お気楽生活[2011年]6歳〜7歳
■お気楽生活[2012年]7歳〜8歳
■お気楽生活[2013年]8歳〜9歳
■お気楽生活[2014年]9歳〜10歳
■お気楽生活[2015年]10歳〜11歳
■お気楽生活[2016年]11歳〜12歳
■お気楽生活[2017年]12歳〜13歳
■お気楽生活[2018年]
■全部表示する
■海ちゃんと小さなお山へ
■海ちゃんとキャンプ
■海ちゃんと小さな旅
フリーワード検索
このサイトのこと
海を迎える前の準備
海ちゃんが来た
海ちゃんのいろんな顔
スタジオのあるマリンスタイルの家byあらいさん
山の思い出
晩秋の棒の折山[2006年11月]
顔振峠インディに会いに[2007年10月]
春は日向山へ[2008年3月]
春の大霧山[2008年4月]
秩父十文字峠へ[2008年/9月]
顔振峠のピノちゃん[2008年12月]
日和田山から物見山[2009年1月]
冬枯れの破風山[2009年2月]
ぽかぽか陽気の笠山[2009年3月]
信州峠から横尾山へ[2009年9月]
360°パノラマ飯盛山[2009年10月]
群馬榛名山の二ツ岳[2009年11月]
初山登りは伊豆ヶ岳[2010年1月]
早春の秩父御岳山[2010年3月]
高ボッチ山と鉢伏山[2010年8月]
姫木平から車山[2010年9月]
新緑の奥武蔵 丸山[2011年5月]
ぽくぽくお遍路 秩父[2011年11月]
裏磐梯で山歩き[2012年4月]
新緑覆う二子山[2012年5月]
秋の武川岳から伊豆ヶ岳[2012/10月]
晩秋の山歩きは堂平山[2012/11月]
初夏の桧原湖畔ハイキング[2013年6月]
福島磐梯吾妻 山の旅[2013年10月]
裏磐梯桧原湖 野鳥の森ハイキング[2014年6月]
桧原湖旅行&雄国山ハイキング[2015年6月]
新緑の蓼科ハイキング旅[2018年5月]
富士山を見に河口湖への旅[2018年6月]
HOME