kaiだらけでごめん 海ちゃんのお気楽生活
>>ひとりごと
私の一冊                                2005/07/28
「今 何を読んでるの?」というのは親しい友人や家族での挨拶の言葉。でも、普通には何を読んでいるかとか、好きな作家は誰とかはなかなか明かしたくはないよね。だって なぜだか心の一片を見られてしまう気がするから。でも誰かにすごく話したくなる、教えたくなることもあります。
確か高校生の頃 タイトルに引かれて購入した本です。【愛ある思索 串田孫一】 あの頃は本の中にもあるように「頭をかかえて幸福を考えていた」のです。この本に出会って以来、串田さんの誠実で豊かな温かい言葉は、いつでも私の隣にありました。これからもずっと、本箱のちょうど真中で私に「元気出して」と言ってるかのように居続けてくれるでしょう。

 串田さんが今月8日に亡くなられたことを知った。実際にお目にかかったことはないけれど、いつも励ましてくれた叔父のような存在の人が亡くなってしまったようで寂しい。訃報を知った時には、ふーっを息を吐いて空をずっと見上げたくなった。
詩集とコーヒー                             2005/07/18
 本箱を眺めての一冊、谷川俊太郎の「朝のかたち」を久方ぶりに読んでみた。
 掃除機をかけながら、家中を眺めている内にふと本箱の前で立ち止まって、うーんこれってどんなんだっけと思いながらめくり始めてしまうことがある。そこでしばし お掃除は中断・・・  今日はその結果 谷川さんとお付き合いすることになった。
 谷川俊太郎は、好きな詩人の一人。「愛のパンセ」[二十億光年の孤独」「うつむく青年」などまずはその素晴らしいネーミングに引かれてわくわくしたもの。「ぺ」なんて変なショート集もあった。いつもその洗練された新鮮な言葉にうっとりしていた。
 他に金子光晴、三好達治、それから高村光太郎 暗記するほど読みふけったこともあったな。ここ数年気になっているのは、白石和子、以前見かけた「子羊の・」が気になっていつかはちゃんと調べてみようと思う詩人だ。

 詩集を読んでる時間はさも時間を無駄遣いしている気がする。小説と違って結末がはっきりしていない。自分で答えを見つけなければならないこともある。でもその浮いてる時間がいいのかな。何も手元に残らなかった時間。つかめそうでつかめなかった時間。

 やれやれ なんとも言葉には言い尽くせないのだけど、コーヒーを一杯 鼻で深呼吸しながら味わってみる。サイフォンで煎れたコーヒーがすーっと下に降りてくるように、それはそれは気持ちの良いものだ。
碌山美術館 LOVE IS ART, STRUGGLE IS BEAUTY 2006/07/12
 碌山美術館は長野県安曇野の穂高町にある赤煉瓦造りの小さな美術館だ。
四季折々何度となく訪れたけれど、おそらくこれからも数え切れないほどに足を運ぶだろう。それほど、この小さな個人美術館は私にとって心休まる場所、訪れたその時々の思い出も一杯詰まっている。
 なんと言っても荻原碌山(荻原守衛)の『女』を始めとする血の通った作品に出会うと、毎回ぞくっとする。他に高村光太郎の『手』もすばらしい。そして私がいつも時間をかけて、立ち止まりいつまででも飽きずに眺めてしまうのは『デスペア』。作者の生の心臓に触れてしまうような気がしてはっとする。
 きしむ板張りの床を踏みしめて、外に出ると見上げれば北アルプスの常念岳、大天井岳や燕岳が空に浮かんでいる。近いうちにまた行こう。

 美術館を夫婦で巡るようになって久しい。都会の美術館も良いけれど、旅先でふと立ち寄る美術館で思いがけなく素晴らしい出会いがあることも。。。人影もまばらなひんやりした空気の中、ゆるやかに流れる時間を楽しむのは極上の休日の過ごし方かもしれない。
 
車好き                                2005/06/26
 夫はかなりの車好きなので、車のことになると機械おんちの私に向かってもしゃべりまくる。ふむふむとあまりわからない言葉は無視しながら聞いているが、聞いているのは結構楽しい。
 しかし、わからないのは『エンジンルーム』を眺めてかっこいいなあと感嘆の言葉を発する時。何が? 外側のフォルムを見て感動するのはわかるけど、男たちは中身のエンジンとその音で感動するらしい。
 車好きと言っても、我が家の経済事情では次々好きな車を買えるわけはなく、今は古いレガシィに乗っていてそれはそれでかなり大事にしている。今まで乗り継いだ車の中で、やっぱり一番エンジンがかっこいいのはBMWだそうだ。次はプラドでレガシィは今一とか。でもレガシィのエンジン音は気に入っているらしく、低くてうなるような音を私に向かって自慢する。パジェロは息子に譲ってからも数えると16年間で18万キロも走った。他にもいろいろ乗ってきたけれど、やっぱりBMWが最高だった。
 とはいえ、当時ではという意味なので誤解しないでほしい。車は日々進化しているので、コンセプトも技術的にも現在のそれとは比較にならないだろう。
 車好きの友人曰く、残りの人生で車を運転できる年数が後20年としたら4台位しか乗り継げない。せめて好きな車に乗らせてくれよ!!

 
ワインクーラー                  2005/06/20
白ワインはやっぱり辛口をきりっと冷やしてね。
そこでワインクーラーの登場となるのだけど、なかなかイメージ通りのワインクーラーが見つからなかった。よくステンレス製やアルミ製のものは見かけるのだけど陶器のものはほとんど皆無、しかしやっと昨年素朴でいておしゃれな感じのするワインクーラーを手に入れた。
 工房がわんの関口さんご夫妻の作品。
実はこれ、鉢カバーなのだけどぴったり。とてもお気に入りです。

現在は良いワインオープナーを探している。と言ってもワインを開けるのは夫の仕事なのでその件はすっかりお任せ。それにしてもいつでもポケットにはオープナーを忍ばせているのだからびっくりさせられる。
ゴブレット                      2005/06/17
 夫婦揃ってお酒好きだ。特に私はワインが好き。
大きな声では言えないが、365日1日も休まず飲んでいると思う。
夫はそれでも飲みすぎると反省するのかその度に2、3日飲まない日を作っているようだが、私と来たら絶対にそんなことはしない。
数年前に益子の陶器市で手に入れたゴブレット。ハートの絵つけ、それもピンクの器なんて絶対に買わないだろうけど、これだけはひどく気に入っている。ぽってりざらざらの手触り、フォルムは相当歪んでいるのだけどそれがなんとも愛らしい。
 その時に出会った作家さんのお名前も聞かなかったこと、とても後悔している。

 浦和のディアボラは小さなイタリアンレストラン。もちろんお料理もおいしいけれど、ワインの種類の豊富さにはびっくりする。私と同様ワイン好きの友達と出かければ、いつもグラスワインで何杯も飲み比べをしてしまう。当然、レシートには長ーいワインのリストが並んで食事代よりワイン代でびっくりしてしまうのは、ちょっと恥ずかしい。
でも、たまーにですからね。念のため…


  
一人の時間                     2005/06/13
『人は孤独の時に成長する』とは本当だと思う。一人の時間がなくなると息が詰まる。一人の時間に頭をめぐらしているのは愉しい。
 
 電車の中でも、歩きながらでも、家事をしながらでも、一人になれる。そんな時にはいろんな考えや思いが浮かんでは消えて行く。思いつかなかった素敵なアイディアが浮かぶ。思いがけない記憶がよみがえる時もある。誰かからのテレパシーを感じることもある。(そんな気がするだけだけど…)
 幸せな時も不幸な時も一人になるのは大事だ。『一人の時間』は神様との時間かもしれない。
24 ページ (1-24)
前ページ 123456789101112131415161718192021222324
HOME

プロフィール
成長記録
足あと
Links
ひとりごと
気まぐれ
JOY
■お気楽生活[2005年]0歳〜1歳
■お気楽生活[2006年]1歳〜2歳
■お気楽生活[2007年]2歳〜3歳
■お気楽生活[2008年]3歳〜4歳
■お気楽生活[2009年]4歳〜5歳
■お気楽生活[2010年]5歳〜6歳
■お気楽生活[2011年]6歳〜7歳
■お気楽生活[2012年]7歳〜8歳
■お気楽生活[2013年]8歳〜9歳
■お気楽生活[2014年]9歳〜10歳
■お気楽生活[2015年]10歳〜11歳
■お気楽生活[2016年]11歳〜12歳
■お気楽生活[2017年]12歳〜13歳
■お気楽生活[2018年]
■全部表示する
■海ちゃんと小さなお山へ
■海ちゃんとキャンプ
■海ちゃんと小さな旅
フリーワード検索
このサイトのこと
海を迎える前の準備
海ちゃんが来た
海ちゃんのいろんな顔
スタジオのあるマリンスタイルの家byあらいさん
山の思い出
お気楽生活[2017年1月]
お気楽生活[2017年2月]
お気楽生活[2017年3月]
お気楽生活[2017年4月]
お気楽生活[2017年5月]
お気楽生活[2017年6月]
今年もやっぱり裏磐梯へ[2017年6月]
お気楽生活[2017年7月]
思い立って那須へ[2017年7月]
夏の桧原湖[2017年7月]
お気楽生活[2017年8月]
お気楽生活[2017年9月]
お気楽生活[2017年10月]
久しぶりのビブリ[2017年10月]
お気楽生活[2017年11月]
ゴールデンのビブリ[2017年11月]
お気楽生活[2017年12月]
お気楽生活[2018年1月]
お気楽生活[2018年2月]
お気楽生活[2018年3月]
お気楽生活[2018年4月]
お気楽生活[2018年5月]
新緑の蓼科へ[2018年5月]
レンゲツツジ開花のビブリ[2018年5月]
HOME